NACHU-LOG〜地球ゲームを楽しもう〜

人生は出会った物・人・景色・旅・ことば・愛と感謝・宇宙すべてででできている

【パリ旅行】煌く街並み女子の憧れのパリの8日間の旅(モンサンミッシェル、パリ市内観光、凱旋門やエッフェル塔)

2009年に行ったパリ旅行の記録です。

 

どうしてもパリに行きたくて、でも友達との予定が合わず、

旅行友達募集で同年代の割と住まいも近い女の子と気が合い、

一緒にいくことになった。

事前に計画をしたりして連絡を取り合って、無事に旅行へ♪

 

Aちゃんありがとう♡

 

 

シャルルドゴール空港からパリへ。

この日はホテル(小さなアパルトマン)で荷ほどきをして、ホテル周辺を散策。

リヨン駅から徒歩3分ほどの場所に宿泊しました。

 

 

実に狭い部屋なのですが、ほとんど観光で部屋を空けてしまうので問題なし!

 

2日目にモンサンミッシェルツアーを予約していました。

ルーブル美術館近くの場所で、バスでピックアップしてもらい、日帰りのツアーです。

 

まずは、ノルマンディーの小さな村を見学。

この村、めっっっっちゃ可愛いんです♡

  •  

    可愛い街並みで、実はパリよりお気に入りかも。

  •  

    思わず写真におさめたくなるスイーツ♡

     

    絵になるベーカリー。

モンサンミッシェルへ到着し、

参道グランド・リュを歩いていきます

中世の街にタイムスリップしたような趣のある雰囲気が気に入りました。

  • さあ、初めてここに観光にきた人たちはほとんどの人が
    例のおいしくないオムレツを食べると思うのですが、
    このツアーも例にもれずオムレツの食事付きになっていました。

 

案内されたお店に入って

まず出てきたのはシードル・・ではなくリンゴジュース

  • こちらが名物オムレツです。

口コミにもありますが、
そのとおり、味なし!という感じだけど、よくよく味わうと、バターと塩でメレンゲっぽくてしゅわしゅわ。卵の素焼き感あるけどね。

 

そして、こちらのアップルパイは美味しいに決まってる♡

  • 羊の農場が近くにあるらしいので、美味しいラムの煮込み料理とかが食べたいな。
    ツアーでは食事は選べないのです・・・

    そしてついにモンサンミッシェルに到着。

  •  
  • 中は教会、修道院と洗礼された空間を見学。
    大天使ミカエルのお告げによって作られた創造的な世界遺産

修道院の中

 

こちらは庭園のラメルベイルの回廊。

  • 回廊って好きなんだな〜ゴシック調の建築で非常にシンプル

モンサンミッシェル周辺に一泊してゆっくり過ごしたいと思った。

 

  • そしてパリに戻ってきてから、夜はちょっと良いところを予約してディナーしました
  • 老舗のレストラン オー・プティ・リッシュというところへ行きました。

    www.tripadvisor.jp

  • カジュアルレストランなので、お値段もそこまで高くなくコース料理が頂けました。 
    • まずは前菜にエスカルゴ?
    •  

      実はこれはサイゼリアとどう違うのかわかりませんでした(笑)

    • チキンソテー

       

      野菜煮込み。ポトフのようなもの。

    •  
    • デザート
    •  
      おいしく頂きました♡

      日が変わって、次の日は、ヴェリブというレンタサイクルを借りて、パリ市内を観光しました♡
    • 自転車を停めてシャンゼリゼ通りを歩く〜
  • シャンゼリゼ通り

    • 凱旋門
    • 凱旋門に上がり、パリの街並みを見下ろしてみます。
    •  

    • エッフェル塔が見えるよ〜!!!!
      キレイな街です。街そのものがアート
    •  
    • エッフェル塔〜♪

      エッフェル塔にやってきました

      このアングル!!!どや!


    • エッフェル塔の上までエレベーターか、階段で登ることもできるんだけど、長蛇の列・・・
      今回はあきらめましょう。

      このあと、パリの市場をブラブラとみたり買い物したりとまったり過ごしていたのですが、素敵な出会いもありました^^

      ナンパされたフランス人男性2人となぜか意気投合して、買い物を楽しみ・・・
      食事誘われたので、一度ホテルに帰って休憩したあとに待ち合わせ♪
      夕食にいっしょに行くことになりました。
      なんだか行きつけのレストランなのか、わかりませんが、「ここだよ〜」とスマートな案内をしてもらい、牛ステーキをご馳走になりました(笑)
  • 本日のディナー。<br />牛肉のステーキ
    • ガチガチのフランス語で話され、英語もほとんど通じない(笑)
    • フランス人は、フランス語を愛しているからプライドから英語を知っていても話さないと聞いていたんだけれど、本当に知らないんだと思った。
      「water  dinner 」そんな単語も通じなかったから(笑)
      それでもジェスチャーと、翻訳機を駆使してコミュニケーションが取れるんだからすごい(笑)

      怖いもの知らずだけど、ディナーのあと、すこしパリの町を紹介してもらったりして、これも旅の醍醐味。
      一期一会!ありがとう!

    •  

後編へつづきます

 

www.nachu-log.com